2008 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
羊肉のなみかたさん
2008/04/21(Mon)
くぅたのお肉が少なくなってきたので、羊肉のなみかたさんに注文。
3回目のリピートです。

羊肉のなみかたさん、羊肉と言うだけあって、ホントに種類が多いです。
赤身肉、骨付き肉、骨、内臓、骨ごとミンチなどいろいろ組み合わせて使っています。
また羊以外にも、馬、仔牛、カンガルー、ターキー、ベニソンなどのお肉を扱っています。
いろんな種類の骨ごとミンチが買えるのはここだけですね。
ホメオパシー治療で有名なプレマ動物ナチュラルケアクリニックのHPや、バーニーズのブリーダーの「エリン舎」さんでも推薦されていました。

今回届いたのは、
 ●骨ごとミンチ
   ラム骨ごとミンチ(ぱらミン)
   馬骨ごとミンチ(馬パラミン)
   仔牛骨ごとミンチ(ぱらミン)
   ベニソン(鹿肉)骨ごとミンチ(ベニパラ)
 ●赤身
   鹿(ベニソン)すね肉ぶつ切り
   カンガループチダイズ
 ●内臓
   ラムレバー
   ターキーレバー
の8種類で、約4キロ。

420-1

これに、前回注文のラムのキドニー(腎臓)とハツ(心臓)、とり農園の鶏肉と、POCHIの馬肉、鹿肉が残っているので、冷凍庫の大半がくぅのお肉でいっぱいです。
ワンコの手作り食のために、専用冷凍庫を持ってる人もいるそうですが、さすがにそこまでは。。。
でも人間用のスペースが1/3しかないのも問題だなぁ?
留守にするときは、パパに人間用の肉ちゃんと教えておかないといけないし。。。

ちなみに人間用に注文したのは、
   義経焼3人前 600グラム
   みそだれのジンギスカンだそうです。

420-2

最初はジンギスカン用の肩ロース、次はステーキ用のラム肉を注文したけど、どれもとってもおいしかった!!
札幌のビール園で食べたジンギスカンって何だったの?
ってくらいのくせになるおいしさです。



<羊肉の話>
日本では普段あまり食べることはありませんが、世界的には牛肉に次いで消費量の多いお肉が羊肉。
羊も牛と同じように、羊毛を取るため、食肉用、乳用、と品種が分かれています。
羊肉の最大の輸出国がニュージーランド。他にオーストラリア、アイスランド、中国などが主力輸出国です。
日本で消費される羊肉の99%が、オーストラリア、ニュージーランド産。あと少ないですが、北海道でも食用の羊を飼育しています。

お肉の種類は、
 ラム   生後1年未満の子羊
 マトン  生後2年以上の成羊
と、おおまかに分けられています。
じゃあ、生後1年以上2年未満の羊は何と呼ばれるのか?「ホゲット」と言うらしいのですが、呼び名はいろいろあって統一されていません。

羊肉の良い点は、
 ? 高タンパクであり、特に必須アミノ酸の比率が理想的であること。

 ? 鉄分、亜鉛、ビタミンB群、カルシウムなどのミネラル分を豊富に含んでいること。

 ? 赤身は消化が早く、栄養を効率的に吸収できること。
   逆に羊肉の脂肪は体内に吸収されにくい性質を持っていること。  

 ? 体脂肪を燃焼させる「カルニチン」を多く含んでいるため、ダイエットに向いていること。
    豚肉の2倍以上、鶏肉の10倍以上含んでいる。

 ? コレステロール値は魚肉並みのレベルであり、 さらにコレステロールを抑える不飽和脂肪酸が     豊富に含まれていること。

 ? 狭い飼育舎で人工的な飼料や抗生物質を与えられている牛、豚、鶏のような経済動物と違っ      て、自然の牧草を食べながら放牧されているため、安全性が高いこと。

などがあげられます。 ローテーションの1つに入れたいお肉ですね。



パパの腰もようやく治り始め、やっと普通の散歩に行けるようになったくぅた。
でも散歩でママの制御もきくようになったし、悪いことばかりではないかなぁ。。。
早く車でお出かけしたいね!

420-3
スポンサーサイト
この記事のURL | 手作りごはん | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。