2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブログの再開のお知らせ
2009/04/21(Tue)
長い間、ごぶさたしています。
昨年の入院後、仕事に復帰してからはまとまった記事を書く時間が無く、ブログがずっとお休みになってしまいました。

今度新しくエキサイトブログの方で、「くぅたのちょっぴりホリスティックな暮らし」という犬ブログを始めました。
プライベートなことなんですが、娘が来年高校受験。その家庭教師まですることになって、今年はまとまった記事を書く時間がとれそうもありません。
それで新しいブログはごはんのことだけでなく、日々の暮しの中のちょっとした出来事を少しずつ書いていくつもりです。

この「くぅたのごはん大好き!」はこのままずっと残すつもりですが、新しいブログにもぜひ遊びに来て頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | ▲ top
ドクタービーズの冷凍パテ
2008/12/17(Wed)

少し前のことになりますが、週末に雪が降りました。
北陸生まれとはいえ、昨年は交通事故による入院で1回も雪を見ることのなかったくぅた。
初めての雪にどうするか興味津々で見ていたら、

食べてました。。。。。

片っ端から口にしようとするので、散歩が全然進まないこと。一周するのにいつもの倍かかりました。
こんなことなら駐車場だけで雪遊びすれば良かったかも?
雪道歩くのはまだぎこちないし。(パパはバンビ歩きだと言っていました)
本格的な雪遊びできるようになるには、まだまだかかりそうです。

P1020886-fc.jpg

ご近所の畑もすっかり雪に覆われて。
これで本格的な雪のシーズンになるかと思われたのですが、その後全然降っていません。
この分だとホワイトクリスマスも望み薄そうです。

P1020897-fc.jpg



入院中、くぅたのごはん作りの大きな助けとなったのが、この 「NEW Dr.B'S ドクタービーズ コンビネーション」
BARFをつくり上げたイアン・ビリングハースト博士が、自らのレシピを元につくった冷凍パティです。
以前もBARFを始めた頃使ったことがありますが、前のものは227gのパティが12個入ったものでパッケージは40cmにもなるしろもの。とても冷凍庫にそのまま入らず、数枚ずつフリーザーパックにいれていました。
そのうえ個包装されていなかったので、パティを切り離すのにナイフを使わなければならなかったり、解凍に時間がかかったりとどうにも使い勝手が悪かったので、使わなくなっていました。


P1020898.jpg

10月に発売された新しいタイプのものは、1パティが115gになりしかも個包装、バラバラに冷凍庫に入れておけるのでとても便利です。
私が使っているコンビネーションは、牛肉、ラム肉、豚肉、鶏肉のミックスです。
この他、チキン、ラム、カンガルー、ポークなどの種類があります。
中身は、これらの肉に、粉砕鶏骨、牛の肝臓、腎臓、胃、心臓などの内臓類、ケフィア、ブロッコリーなどの野菜、全卵、アルファルファ、ケルプ、フラックスシードなどが含まれています。
くぅたは、パティ3個に、あと生野菜や果物、亜麻仁油などを足して与えています。
これだけで十分あらゆる栄養が取れています。
大食漢の大型犬に毎日使うわけにはいきませんが、私のように入院した時、旅行などで不在で家族にごはんを作ってもらわないといけない時、体調が悪くて凝ったごはんが作れない時などの非常食として常備しておくといいかもしれませんね。


P1020882.jpg





くぅたが交通事故に遭ってから、1年たちました。
昨年の手術・入院のことを考えると、こうして目の前で元気にいることが夢のようです。
私も先週から仕事に復帰して、ようやく記事を書ける余裕が出来ました。
これからも犬のごはんや病気の予防などについて、1週間に1本ぐらいになりますが記事を書いていきたいと思います。
くぅたやお友達のWANSが、いつまでも元気でいられますように。



P1020879-fc.jpg

この記事のURL | 手作りごはん | CM(4) | TB(0) | ▲ top
退院しました
2008/11/25(Tue)
ご心配おかけしましたが、土曜に無事退院してきました。
子宮と片側卵巣の摘出手術で、母も義姉も同じ手術を受けているので心配はしてなかったのですが、やっぱり痛かった。。。でも3日で全然楽になりましたけど。
最近では術後早く動いた方が回復が良いそうで、翌日から自力でトイレに行かされましたし、3日目にはシャワーも洗濯もしていました。(2日目からする人も多いそうです)
翌週には点滴も薬も全く必要なくなり、三食昼寝付の読書とお茶とTVざんまいの日々を送っていました。
留守宅もパパと中学生の娘に全部まかせて、それなりに出来ていたようです。
これで少しは今後の私の家事の負担が減るかもと、ちょっと期待してるんですけど(笑)

くぅたのごはんはパパが全部作っていました。
朝食は、ケーナインヘルスと健康1番、フリーズドライ納豆とサプリをミックスして1食分ずつ袋詰めしておいたものを、朝お湯で戻してヨーグルトを加えたもの。
夕食は、300gのいろいろなお肉のパックや、ドクタービーズのバーフのコンビネーションのパテ(新製品)を解凍して、ヨーグルトやバナナや果物と亜麻仁油を加えたもの。
正直とっても高くつきましたけど、この際仕方なかったですね?。
さすがに生野菜までは頼めませんでした。

入院中雨続きで、ほとんど散歩に連れて行けなかったことと、昼間誰もおらずひとりで過ごす時間がかなり長かった(今までは私が昼休みに帰ってきていた)ので心配していましたが、いい子にしていたようです。
でも私が帰ってきたら、金魚のフン状態でどこに行くにもくっついて来ています(笑)

2週間ぐらい自宅療養の予定なので、少しづつ家事をしたり、庭仕事をしたり、リハビリがてら近所に買い物に行ってます。
あとはのんびり読書をしたり、お茶をしたりのまったりとした時間。
10年以上仕事に家事に育児(ワンコも含めて)と駆け回っていたので、ここらでちょっとお休みを頂いてのんびりこれからのことを考えてみたいな?と思います。
このブログも、くぅたとのちょっぴりホリスティックな暮らし(仮)といった感じで、日々の暮らしの中でワンコと人間の双方に良い食事や、ハーブ、アロマテラピー、健康のこと、園芸療法、音楽療法などをちょっとずつ書いていく形に変えたいなと思っています。
まだアイディアの段階なので、どんなふうになるか判りませんが、できればゆっくり待っていただけると有難いです。

入院中にたくさんの暖かいメッセージを頂き、本当に有難うございました。
同じ病気の方も何人もいらして、とても心強かったです。
お返事の方、少しづつ書いてまいりたいと思います。時間がかかってしまい申し訳ありません。
また皆さんのところにも遊びにまいります。これからもよろしくお願いいたします。


P1020811-fc.jpg
この記事のURL | その他 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。